AWSで
クラウドする。

世界中の企業が使うAWSは、
高い信頼性を提供するインフラと
様々なニーズに対応するアプリケーションが
準備されています。
AWSの世界へ、Livestyleがご案内いたします。

As You Like, 思いのままに

クラウドサービスは、オンプレミスと異なり、制約が多くて使いづらいと勘違いしていませんか?
AWS は、オペレーションシステムだけをみても AmazonLinux、Windows はもちろん、
RHEL、CentOS を始めとする各種 Linux に対応しており、企業の様々な個別の技術ニーズにフレキシブルに対応できます。

  • インフラに特化しているからこそ、
    様々なニーズへの
    細かな配慮がなされています

    インフラに特化していることで、シンプルなウェブサイトから産業用 IoT 基盤まで、様々な利用方法に対応可能です。さらに、障害発生時の切り分けも明確な為、インシデント発生時の原因追及が迅速に行えます。

  • すぐに始められ、
    すぐに拡張できる

    ビジネスはなかなか想定通りには動きません。連動するサーバーへの負荷も同じ。突然の規模拡大にインフラが対応できないといった懸念は過去の話。AWS なら、数分で利用拡張が可能です。

  • コストパフォーマンスが
    サービスコンセプト

    たくさんの人に利用してもらう為に AWS は低コストをサービスコンセプトの柱にしています。高品質低価格のサービスを必要な容量、必要なサービスだけ利用することで、さらなるコストセーブが可能です。

世界的評価は、高いセキュリティ性能に
支えられています

優れた暗号化技術やセキュアなネットワークサービスは、世界的に高い評価を得ており、セキュリティに厳しい各国の行政府機関も AWS を利用しています。

世界中、好きな場所に
サーバーが置けます

AWS は、世界中に広がる様々なサーバー拠点から好きな場所を選んで利用することができます。国内から情報を持ち出したくない、特定の海外拠点でさらにパフォーマンスを向上させたいなど、自由なインフラ設計が可能です。

導入実績が
信頼の証です

エンタープライズやスタートアップ、行政府など 190 か国の 100 万を超えるアクティブなお客様 *1 が AWS を利用しています。そして、これらの利用ニーズが、新たなサービス開発へとつながっています。

*1 参照:https://aws.amazon.com/jp/?nc2=h_lg