Hosted Exchange

サービス概要

Hosted Exchange とは

プライベートホスティング環境の仮想サーバー・OS・ソフトウェアを、マネージド型で月額サービスとしてご提供いたします。ビジネスに欠かせないメール コラボレーションインフラをご利用頂けます。固有のニーズに基づいてカスタマイズし、セキュリティポリシーを維持し、Outlook, Webアクセス, スマートフォン, タブレットデバイスなどからアクセスを制御します。専用線接続・AD直接連携などお客様のご要望に応じて、設計が可能です。
これらのサービスを月額単位で実現でき、お客様のコアビジネスに専念することができます。お客様がExchange ライセンス(SA)を所有している場合、当サービスに持ち込むことも可能です。

主な機能

  • メール (検索、フラグ、代理送信,迷惑メール 対策)
  • 予定表(共有、アラーム、会議出席依頼)
  • 連絡先(連絡情報、共有)
  • タスク (共有、進捗管理)
  • スマートフォン、タブレット 連携

高信頼性

エンタープライズビジネスのメッセージインフラとしてのスタンダード。あらゆる規模でご利用頂ける、高可用性とクライアントの負荷分散が実装。ご要望により離れた拠点へのディザスタリカバリ構成も可能です。

コンプライアンス対応

企業ごとのメッセージルールに準拠ができます。データ損失防止 (DLP) 機能により、ユーザーが機密性の高い情報を誤って未承認のユーザーに送信するのを防ぐのと同時に、社内のコンプライアンス ポリシーを通知。モバイルデバイスポリシーでは、認証されたモバイル デバイスから、PINロックを実行し、紛失したモバイル デバイスをデータ消去が可能です。

柔軟な設計と管理

ニーズに応じて Office 365 とのハイブリッド構成ができる柔軟な設計。お客様とホスティング環境を専用線で結び、オンプレミス Active Directory とクライアントPCがWAN経由で利用も可能です。管理者は、ブラウザから使いやすいインターフェイスのExchange管理センターにて操作ができます。

マルチデバイス

メールを効率的にさばく

  • 「スレッドビュー」によって、会話の流れに沿ってメールを素早くチェック
  • 閲覧ウィンドウに直接回答を入力することにより、クリック 1 回で返信・転送可能
  • 受信メールに対してフラグをつけ仕事の期日を指定。自動的にタスクリストへ反映。
  • 色分け分類し、ひと目で仕事の重要度を判別。
  • 受信メールを「予定表」へドラッグ&ドロップするだけで自動的に予定表アイテムとして登録。

予定表の確認

日・稼働日・週・月 での表示形式で、必要なメンバーの予定表を並べて表示。予定表を重ねることもできるため、空き時間が一目瞭然。

会議出席依頼、リソース予約

会議などの予定を設定する際に面倒なのが出席者の時間調整ですが、
Exchangeのスケジュールアシスタントを利用すると、相手の予定や空き時間を確認しながら作業が行うことができます。
依頼を受けた側では、「承諾」ボタンをクリックするだけで、予定表へアイテムが正式登録されます。
同時に、リソース ( 会議室や機材など ) の予約を行うこともでき、重複予約をなくすことができます。

▲ページの先頭へ戻る

Contact

Livestyle専用窓口

0120-742-500

平日9:00~17:00

お問い合わせはこちら