Teams会議の際、会議出席者のマイクやカメラの仕様を制御することが可能です。

  1. 出席者のカメラを制御する
  2. 出席者のマイクを制御する(出席者自身で解除可能)
  3. 出席者のマイクを制御する(出席者自身では解除不可)
  4. 会議前にマイクとカメラを設定する

出席者のカメラを制御する

1.会議画面にて①をクリックして参加者を表示します。

その後②赤枠【…】をクリックし、【出席者のカメラを無効にする】をクリックします。

2.下記画面が表示されるため、【カメラを無効にする】をクリックします。

3.無効になると出席者のアイコンがグレーアウトします。

また、出席者側の画面でも「カメラが無効になっています ビデオを共有できなくなりました」という通知とカメラアイコンが変化します。

無効にすると出席者側ではカメラをONにすることができません。

同様に、出席者のカメラを許可することも可能です。

4.会議画面にて①をクリックして参加者を表示します。

その後②【…】をクリックして、【出席者のカメラを許可する】をクリックします。

5.また、任意の出席者を個別に設定することも可能です。

①任意の出席者の【…】をクリックし、②【カメラを無効にする】または【カメラを許可する】をクリックします。

出席者のマイクを制御する(出席者自身で解除可能)

1.会議画面にて①をクリックして参加者を表示します。

その後②【全員をミュート】をクリックします。

2.【全員をミュート】をクリック後、出席者のマイクのマークがミュートに変化します。

3.出席者側にも「ミュートになっています 会議の参加者があなたをミュートに設定しました。」という通知とともにマイクアイコンがミュート状態に変化します。ミュートは赤枠内をクリックすることで解除することが可能です。

4.また、任意の出席者をミュートすることも可能です。

①ミュートしたい出席者のマイクマークにカーソルを合わせることで表示される【…】をクリックし、②【参加者をミュート】をクリックします。

出席者のマイクを制御する(出席者自身では解除不可)

1.①【…】をクリックし、【出席者のマイクを無効にする】をクリックします

2.出席者のマイクが無効になります。

3.マイクを無効にした後は「マイクが無効になりました ミュートを解除できなくなりました。」という通知とともにマイクアイコンが変化します

マイクを無効にすると、出席者側からはマイクを有効にすることはできません。

4.出席者にマイクを許可する場合は【…】から【出席者のマイクを許可する】をクリックする必要があります。

5.また、マイクの許可を任意の出席者毎に設定することも可能です。

①マイクを設定したい出席者のマイクマークにカーソルを合わせることで表示される【…】をクリックし、②【マイクを無効にする】または【マイクを有効にする】をクリックします。

会議前にマイクとカメラを設定する

事前に出席者のカメラとマイクを設定しておくことも可能です。

1.カレンダーより会議をクリックし、編集をクリックします。

2.赤枠【会議のオプション】をクリックします。

3.【出席者のマイクを許可しますか?】【出席者のカメラを許可しますか?】の項目を変更して、保存をクリックします。