OneDrive for Business では、必要の応じてフォルダーやファイルを他のユーザーに共有する事ができます。
他のユーザーも表示、編集ができるので同時に共同作業ができます。

  1. アイテムを他のユーザーと共有する
  2. 共有されたアイテムをメールから開く
  3. 共有されたアイテムを OneDrive から開く

アイテムを他のユーザーと共有する

1.下記のURLに接続しサインインします。次に【OneDrive】を選択します。

https://login.microsoftonline.com

2.OneDrive が開きましたら、①共有したいフォルダーまたはファイルにチェックを入れます。②【共有】をクリックします。

3.『リンクを知っている○○社のユーザーが編集できます。』をクリックすると、共有する範囲を指定することができます。共有範囲については下記の表をご確認ください。

選択肢共有範囲
リンクを知っているすべてのユーザーこのリンクを受信するすべてのユーザーにアクセス権を付与します。
所有者から直接受け取ったユーザーが他のユーザーへ転送した場合でもアクセスできます。
これには、組織外のユーザーも含まれる場合があります。
リンクを知っている「組織内」のユーザーOffice 365 にログインしている組織内のユーザーのみが
ドキュメントまたはフォルダーにアクセスするために使用できるリンクが作成されます。
既存アクセス権を持つユーザードキュメントまたはフォルダーへのアクセス権を既に持っているユーザーが使用できます。
アイテムのアクセス許可は変更されません。
これは、既にアクセス権を持っているユーザーにリンクを送信する場合に使用します。
特定のユーザー指定したユーザーのみがフォルダーまたはドキュメントに
アクセスするために使用できるリンクが作成されます。

4.①共有したいユーザー名またはメールアドレスを入力します。②共有したいユーザーを選択します。
③必要に応じてメッセージを入力します。④内容がよろしければ【送信】をクリックします。

5.以下の様な「リンクが送信されました」と表示されましたら、共有完了です。

共有されたアイテムをメールから開く

1.アイテムを所有するユーザーから「ユーザー名さんが○○”をあなたと共有しました。」という内容のメールが届きます。メールの文章内の【開く】をクリックします。

2.別ウィンドウで共有されたファイルが開きます。

共有されたアイテムを OneDrive から開く

1.下記のURLにアイテムを共有されたユーザーアカウントでサインインします。次に【OneDrive】を選択します。

https://login.microsoftonline.com

2.次に、画面左側に表示されている ①【共有】を選択します。
②【あなたと共有】をクリックし、③【あなたと共有】の一覧表から共有されたアイテムが表示されます。