黎明期からクラウドに着手

Livestyleはクラウドが活用される前から、マイクロソフトの製品に特化したビジネスを展開してきました。

2006年からの実績が現サービスをけん引

Office 365 が世の中にリリースされる前、2006年より「マルチテナント型 Exchange 2003 & SharePoint v2 ホスティングサービス」を提供していました。これは、Microsoft Solution for Hosted Messaging and Collaboration (HMC) 4.5というソリューションを自社で導入し、ミニOffice 365基盤のようなものを構築・サービス提供を行っていました。この裏側のプロビジョニングノウハウやテクニカルスキルを活かして、現在では Office 365 および Microsoft 365 の導入・運用を手掛けています。

2013年には、Cloud OS Network(COSN)というマイクロソフトプログラムに参加し、自社運用管理するデータセンターにてプライベートAzureである「Azure Pack」をベースとしたHyper-V仮想インフラ基盤をマイクロソフト社と共同で作り上げました。このHyper-V仮想インフラ基盤を活用して、お客様へ安心したサービスを提供して参りました。
現在では、マイクロソフト社が提供しているパブリッククラウド Microsoft Azure をベースとしてお客様へサービスを提供しています。

セキュリティの分野へ

「Enterprise Mobility +Security」のサービス開始後、いち早くセキュリティの分野に踏み出しました。マイクロソフトと連携して、自社セキュリティの健康診断「脅威可視化アセスメントサービス」を実施し、エンタープライズ系の企業へ報告/提案を行ってきました。
そのノウハウを生かして、お客様に何処でも強固なセキュリティを提供しています。

Livestyleでは、最新のテクノロジーを取り入れつつ10年以上の経験と運用ノウハウを活かし、お客様のニーズにあったクラウドサービスを提供しています。

沿革

2006年Livestyleサービス開始
「マルチテナント型 Exchange 2003, SharePoint v2」
※連携サービス日本初
2007年マルチテナント型 Windows Webサービス, SharePoint 3.0 サービス
2008年マネージド専用型 Exchange, SharePoint サービス
2009年マルチテナント型 Exchange 2007, Hyper-Vホスティング
2010年SharePoint 2010ホスティング  ※日本初
Microsoft ゴールドパートナー Hostingアワード受賞
2011年マネージド専用型 Exchange 2010
2012年SharePoint アドオン Cybozu SP
2013年マルチテナント型 Exchange 2013, SharePoint 2013
Azure Pack ベース Hyper-V 仮想サーバーサービス
2014年Azure インテグレーション開始
2015年Microsoft 1-Tier CSP締結し、Office 365 提供開始 
2016年メールセキュリティ強化サービス
2017年G-Suite からOffice 365へのマイグレーションサービス
2018年クラウド Voice 導入サービス
2019年セキュリティデスク サービス、EMS導入支援サービス
2020年Windows Virtual Desktop導入サービス
365コンプライアンス アドバイザー支援サービス リリース予定