Office365にサインインする際、メールアドレスおよびパスワードを入力してサインインします。
管理者がアカウントの多要素認証を有効にしている場合であれば、
その後に、もう一つ認証方法を利用して2つ目の認証を通過させる方法をとることができます。

認証変更画面へのアクセス方法

1.自分のアイコン→「アカウントを表示」の順にクリックします。

2. セキュリティ情報内の「更新情報」をクリックします。

3. 「方法の追加」より認証方法を変更いただけます。

認証方法の種類・設定手順

2つ目の認証は「認証用電話に電話をかける」・「認証用電話にコードを送信する」・「会社電話にかける」・「アプリケーションで通知する」・「アプリの確認コードまたはトークンを使用します」の5つより選択できます。
この設定の中の主な3つの手順をご紹介します。

認証用電話に電話をかける

1.「+方法の追加」より、[代替の電話]を選択します。

2. 「電話」ウィンドウで「日本 (+81)」を選択し、電話番号を入力します。

3. 画面に「We’re calling (電話番号) now」 と表記され、入力した番号に電話がかかります。

4. 電話を取り、認証に成功すると、「通話に応答しました。お使いの電話が正常に登録されました」の表記がされます。

「完了」を選択してウィンドウを閉じてください。

☆設定すると、下記手順を踏んでログインすることになります。

① IDとパスワードを入力後、下記画面が表示されます。「次へ」をクリックします。

② 下記画面が表示され、指定した電話番号に電話が行きます。
応答して、指示に従い、認証が成功すれば、ログインができます。

認証用電話にコードを送信する(認証用電話へテキストメッセージを送信する)

1.「+方法の追加」より、[電話]を選択します。

2. [電話] ウィンドウで「Japan (+81)」を選択し、電話番号を入力し、「次へ」を選択します。

3. 携帯電話のショートメールに確認コードが通知され、「(電話番号)に6桁のコードをお送りしました」と表示されますので、コードを入力し「次へ」を選択します。

4. 認証に成功すると、画面に「SMSが検証されました。お使いの電話が正常に登録されました。」と表示されます。

「次へ」を選択します。

5. [成功] ウィンドウが表示されますので、「完了」を選択します。

☆設定すると、下記手順を踏んでログインすることになります。

① IDとパスワードを入力後、下記画面が表示されます。「次へ」をクリックします。

② 下記画面が表示され、指定した電話番号にテキストメッセージでコードが送信されます。
そのコードを入力し、「検証」をクリックします。認証が成功すれば、ログインができます。

アプリケーションで通知する(モバイルアプリを利用する)

1.「+方法の追加」より、[認証アプリ]を選択します。

2. 「最初にアプリを取得します」の表示がされますので、お使いのモバイルデバイスにMicrosoft Authenticator アプリをインストールします。

既にインストールされている方はそのまま「次へ」を選択します。

3. 「アカウントのセットアップ」の画面が表示されますので、Authenticator アプリを立ち上げ、画面右上の「+」マーク→「職場または学校アカウント」の順にタップします。

4. 認証の追加設定画面に「QRコードをスキャンします」と表示されますので、Authenticator アプリで「QRコードをスキャン」を選択し、QRコードをスキャンします。

5. 認証の追加設定画面に「試してみましょう」の表示がされた後、Authenticator アプリに「サインインを承認しますか?」と表示されますので、「承認」をタップします。

6. 認証の追加設定画面に「通知が承認されました」と表示されれば認証成功です。「次へ」を選択するとホーム画面に戻り、画面右上に「Microsoft Authenticator アプリが正常に登録されました」と表示されます。

☆設定すると、下記手順を踏んでログインすることになります。

① IDとパスワードを入力後、下記画面が表示されます。

② モバイル端末に通知がされます。『Authenticator』を開き、「承認」を選択します。
認証が成功すれば、ログインできます。