Teams でファイルを共有しようとした時に、以下2つのシーンは似ているようで大きな違いがあります。
よく見ると画面に表示されるボタンも異なっていることにお気付きでしょうか。

  1. チームのチャットで OneDrive にあるファイルを共有する
  2. 個人チャットで OneDrive にあるファイルを共有する

表示されるボタンの違い

まずは「1.チームのチャット」の画面です。

そして「2.個人チャット」の画面です。


データの保存先が違う!

これは、Teams 上のデータが「1.チームでは SharePoint サイトへ保存」され、「2.個人チャットでは送信者自身の OneDrive for Business へ保存」されるためです。

個人チャットではファイル共有の際に「OneDrive」を選択すると、データは既に OneDrive for Business 内にあるため、「コピーをアップロード」のボタンが表示されず、該当のデータが「共有」される動作になります。

共有されると、相手側へは組織レベルで設定された既定のアクセス許可が付与されます。

なお、個人チャットでファイル共有をする際に「OneDrive」ではなく「コンピュータからアップロード」を選択した場合は、送信者の OneDrive for Business に作られた「Microsoft Teams チャットファイル」フォルダー内に格納されます。


その他のデータの保存先

ファイルの他にも色々なデータがあり、それぞれ以下の場所に保存されています。

コンテンツ保存先
プライベート チャット
(個人チャット)
Exchange ユーザーのメールボックス
標準チャネル チャット
(チームのチャット)
Exchange チームのグループメールボックス
画像、メディアAzure ベースのメディア サービス
チーム、チャネルの共有ファイルSharePoint Online
個人チャットの共有ファイル送信者の OneDrive for Business
ボイスメールExchange ユーザーのメールボックス
ミーティングの記録
(レコーディング)
現在:Microsoft Stream
今後:OneDrive およびSharePoint Online
* 2021年初頭までに、段階的に移行予定
カレンダーExchange ユーザーのメールボックス
連絡先Exchange ベースのクラウド データ ストア
テレメトリMicrosoft データウェアハウス
* 顧客情報は含まない

参考情報

Microsoft Teams のデータの場所

Microsoft 365 の顧客データの保存場所