Teams会議にて画面を共有する際にフリーハンドでの文字入力、ハイライトさせたい部分をマーク、メモなどのオブジェクト類の追加を行うことができます。
画面共有の際に便利な機能として「注釈」の利用方法をご紹介します。

1.会議中画面より「共有」をクリックし、共有する「画面」または「ウィンドウ」を選択します。

2.画面共有中に上部にあるメニューに「ペン」のアイコンが表示されるのでそれをクリックします。
※メニューが隠れている場合はマウスを画面上部の縁に持っていきます。

3.クリックすると、「注釈を開始しました」と表示されるので完了するまで待ちます。

4.完了すると下記のように画面の上部に編集メニューが表示されます。

<オブジェクト、ペン類を利用した場合の画面>

オブジェクト類内容
リアクションを追加リアクションの追加ができます。
メモを追加メモの追加ができます。
図形または線を追加図形および線の追加ができます。

ペン類内容
レーザーポインターマウスカーソルをレーザーポインターに変換できます。
ペンフリーハンド入力ができます。
色や太さの変更もできます。
蛍光ペン蛍光ペンでハイライトができ、色や太さの変更もできます。
消しゴムペン類で記入した内容を削除できます。

操作類内容
選択(マウスカーソル)通常のカーソルに戻し、オブジェクトの選択ができます。
元に戻す直前で行った編集を元に戻すことができます。
やり直し直前で行った操作をやり直すことができます。
すべての注釈をクリアする追加した注釈をすべてクリアすることができます。
※設定メニュー設定のメニューを開くことができます。

<設定メニューの詳細>

① の機能内容
誰でも注釈を付けることができます画面共有している以外のユーザーも注釈を付けることができます。
注釈を付けることができるのは自分のみです画面共有しているユーザーのみが注釈を付けることができます。

② の機能内容
共同作業カーソル他ユーザーのカーソルおよび名前を表示/非表示させることができます。
手書き入力された図形の強化フリーハンドで描かれた図形を完全な図形に修正するかの有効/無効ができます。

5.画面共有の停止で注釈を終了することができます。
※画面共有を停止した場合はすべて注釈が削除されます。
画面を残しておきたい場合は画面のスクリーンショットを保存してください。