Windows 版 Outlook は、色々な設定・カスタマイズができるのが出来るのが魅力の一つでもあります。

例えばひな形を使って、メール作成時に使うフォント・サイズ・色を指定したり
予定表の色を指定したり、別のタイムゾーンを追加したり……

今までは、これらのカスタマイズはパソコンに保存されていたため、新しいパソコンを購入すると再設定が必要でした。
それが手間で初期設定(デフォルトのまま)で使っている方も多いのではないでしょうか。

実は「Outlook の設定をクラウドに保存する」の設定により、同じ Microsoft 365 アカウントで使用しているすべての Windows 版 Outlook で設定が自動的に共有されるようになりました。

自分好みのカスタマイズ、始めてみませんか!

クラウドに Outlook の設定を保存する方法

  1. Windows 版 Outlook を起動し、[ファイル] > [オプション] をクリックします。
  2. [Outlook のオプション]で[全般]をクリックします。
  3. [Outlook の設定をクラウドで保存する] でチェックボックスを✅オンにします。

※解除したい場合はチェックボックスを□オフにします。

注意点

すべての設定を共有できるわけではないので注意が必要です。
共有できる設定とできない設定は下記の通りです。

共有できる設定
  • 全般
  • メール
  • 予定表
  • グループ
  • 連絡先
  • タスク
  • 検索
  • 簡単操作
  • 詳細設定(上級)
共有できない設定
  • 言語
  • リボンのユーザー設定
    (リボンをカスタマイズする)
  • クイックアクセスツールバー
  • アドイン
  • トラストセンター
    (セキュリティセンター)

参考:Outlook ローミングオプション