OneNoteに作成したノートを自身以外に共有することができます。

共有方法

  1. 共有方法(オーナー側)
  2. 共有された側

共有解除方法

  1. 共有解除方法(オーナー側)
  2. 共有された側

共有方法(オーナー側)

1.ノートの共有をするために右上にある『共有』を選択します。

2.①共有したい人物のメールアドレス、もしくはグループメールアドレスを入力します。
共有したい先が複数ある場合は、①の後、②に続けて入力を続けていきます。

3.続けて赤枠部分(リンク種類)開き、共有方法の設定を行います。

リンクの設定設定内容
リンクを知っている全てのユーザーリンクを直接受け取ったかは関係ありません。
格納場所(保存先URL)を知っている全てのユーザーが閲覧・編集ができます。
リンクを知っている〇〇のユーザー〇〇には自組織の名称が入ります。
自組織のユーザーであれば閲覧・編集ができます。
既存アクセス権を持つユーザー格納場所(保存先)の既存アクセス権を持つユーザーに使用できます。既存アクセス権に従い、閲覧・編集できます。
既にアクセス権を持っているユーザーにリンクを送信する場合に使用します。
特定のユーザー指定したユーザーのみに閲覧・編集ができます。

※「編集を許可する」のチェック外すことにより、閲覧のみ許可することが可能です。
 「既存アクセス権を持つユーザー」を選択した時は表示されません。
※有効期限とパスワードが設定できるのは「リンクを知っているすべてのユーザー」を選択した時のみとなります。

(※)その他の設定設定内容
有効期限有効期限を設定することで閲覧・編集の可能期間を一定期間に定めることができます。
パスワードリンクに任意のパスワードを設定することが可能です。セキュリティの高さが下に表示されます。

設定が完了したら『適用』をクリックし、リンクを『送信』します。
ここまでが共有元の操作です。

共有された側

1.共有されたら自身のOneNoteから『自分と共有』を選択し、共有されたノートを開きます。

2.問題なく開くことができたら、共有元の指定した設定により閲覧・編集ができます。

共有解除方法(オーナー側)

1.ノート右上の『共有』を選択します。

2.①設定 を選択し、『アクセス許可を管理』から、さらに②その他のオプション を選択します。

3.『アクセス許可を管理』画面でアクセス権を外したいユーザー横に出現する×印を押して、アクセス許可を削除します。

4.削除したユーザーが一覧から外れ、オーナーの『オリガミ 社長』のみになりました。

共有された側

1.共有を解除後、ファイルの閲覧権限がないメッセージが表示されノートの閲覧ができません。

<OneNoteの「自分と共有」からアクセスした場合>

<OneDriveからアクセスした場合>