既定では、チーム内でメンバーが投稿したメッセージは投稿者本人以外は削除することができません。また、Bot や Power Automate などにより投稿されたメッセージは誰も削除することができない状態となっています。
これらの投稿を管理者として削除したいという場面があるかと思います。

そんなとき、これからご紹介する設定を行うことで、チームの所有者であればメンバーや Bot などにより投稿されたメッセージを削除することが可能になります。

① メッセージングポリシーの作成

1.Teams 管理センター (https://admin.teams.microsoft.com/) にアクセスします。

2.[メッセージングポリシー] > [追加] をクリックします。

3.任意のポリシー名と説明を入力して [所有者が送信したメッセージを削除できます] を [オン] にします。

4.[保存] をクリックします。

②A 作成したポリシーの割り当て(ユーザー)

ポリシーを特定のユーザーに割り当てた場合、そのユーザーが所有者になっているチームの投稿は、そのユーザーがすべて削除することが可能になります。

1.手順①で作成したポリシーを選択して [ユーザーの管理] をクリックします。

2.ポリシーを割り当てるユーザーを検索し [追加] をクリックします。

3.[適用] をクリックします。

②B 作成したポリシーの割り当て(グループ)

作成したポリシーをグループ(チーム)に割り当てた場合、そのチーム内投稿のみチーム所有者によりすべて削除することが可能になります。

1.[グループポリシーの割り当て] > [グループを追加] をクリックします。

2.ポリシーを割り当てるグループ(チーム)とポリシーのランク、①で作成したポリシーを選択します。

  ※ポリシーのランクについては【こちら】をご参照ください。

3.[適用] をクリックします。

③ チームのアクセス許可の設定

1.チーム所有者のアカウントで Teams を開いて、チーム一覧から […] > [チームを管理] をクリックします。

2.[設定] > [メンバーアクセスの許可] と進み、[所有者はすべてのメッセージを削除できます] にチェックを入れます。

以上で設定は完了となります。設定が反映するとチーム所有者はメンバーや Bot 、Power Automate などによる投稿を削除することが可能になります。

適用前後の比較